2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/06/12 (Tue) 北海道マンガ家女子会②

_190835.jpg

サイト復活しました。よかったー(*^o^)ホッ


さて、北海道食い倒れレポの続きです。(^p^)

時系列バラバラですが、夜、素晴らしい創作フレンチに連れていって頂きました。
このレポは、このお店をブログに書きたかったから書いたと言っても過言ではありません。

北海道は魚介も野菜も美味しいし、
それなりに美味しいんだろうな~くらいにしか思っておらず、
すべての写真を撮らなかった事を後悔するほどに素晴らしいお店だったのです。

しょっぱなのアミューズ2皿+αを撮りそびれたのですが、
最初のスープも、まるでおかゆのような中華風味のスープで、
体にしみこむ優しさがありつつ、深みがあって美味しかった…


そして3皿目です。

見目も麗しく、
野菜と魚介をひとつひとつ下ごしらえされていて、凝っているだけではなく、
素材ひとつひとつをいかに美味しく食べて頂くか、
という思いをひしひしと感じ、素材に対する愛情がダイレクトに伝わってくるお皿でした。

193328.jpg

北海道と言えば白アスパラ。
私は缶詰のは苦手ですが、新鮮なフレッシュなのは大好きです(^p^)

トリュフソースがかかってたのですが、
まずは、アスパラ本来の味を…

甘い!!(*´Д`)

野菜は採ってから時間がたつにつれ、どんどん甘みが落ちていきます。
給仕さんが、北海道だと、採ってから調理するまで時間が短いからだと思います、とのこと。

もちろんトリュフソースも素晴らしかったです(^p^)

195013.jpg

ちょっとこれね…あなどってたんですよ。

見た目で、北海道は鮭美味しそうだし、こんな味なんだろうな、
と思っていたら、見事に裏切られた!


うぎゃああなにこれ!
こんなに美味しい鮭、生まれて初めて食べた…!(°□°;)


塩鮭でほとんどレアだったのですが、
微妙な火の通り方といい、たぶん軽く蒸してあるんじゃないかな?
あううちゃんと聞けばよかった(^▽^;)

シンプルな食材をシンプルに調理して、ここまで美味しくできるんですね…
と言ったら語弊がありますが、
たぶん、もともとの鮭自体も美味しいんだけど、
手をかける事によって更に旨みを引き出してあるんですよ。

もうね、うなっちゃいました…(*´Д`)
シェフの方に直接伝えたかった。ほんとに。
たまらん美味さでした…(*´∇`*)


このあと、鶏肉のフォアグラ包みを頂きましたが、
そろそろ満腹で、入るかな~と心配でしたが、
優しいお味でしっかり頂けました。(^p^)

前にお二人で来店した時に、
ボリュームが多くて食べ切れなったので、今回は軽めにして頂いたとのこと。
私は食べる方ですが、充分なボリュームでした。

_202144.jpg

そしてデザート(^p^)
これも…あなどってました… ←おまえ、あなどりすぎ!

ミルクのブラマンジェに苺&苺ソースとミルクアイスが乗ってるのですが、
ミルクのブラマンジェとアイスが美味過ぎて…

あっそうだ、ここミルクの王国、北海道だった!っていう。

今まで食べてきたブラマンジェは、
良くも悪くも普通というか、可も不可もないものばかりでしたが、
ミルクが美味しいと、本当に美味しいんですね(^p^)

お腹はちきれそうだったのに、こんなに美味しかったということは、
空腹で食べたら倒れるかも(^p^)


このあと、色々なハーブから選んだハーブティーと、
焼き菓子は食べ切れなかったのでお持ち帰りに。
私は、ローズとレモングラスのブレンドティーにして頂きました。



そして最後のお会計で驚いた…
アミューズ入れて、7品+小菓子で、5000円でした。

サービス料なし。


これ、都内近郊だったら倍以上します。
トリュフもフォアグラも入ってたし…
なにより、この味、東京で食べられない(T∇T)



今度北海道に来る時は、必ず来る事に決めました。
北海道来るたびに必ず来ます。

ていうか、もうこっちに帰ってきてから、行きたくてしょうがない(T∇T)


ここは「体に優しいフレンチ」がコンセプトとのこと。

私はわりとこってり味が好きで、フレンチはがっつりいきたい派なのですが、
ここは、しつこくないのに、素材が素晴らしいだけでなく、
手をかけて旨みを引き出す調理をされていて、しっかり味がするので、
私は大好きになりましたv

北海道在住の方、北海道に行かれる方、札幌駅から遠くないし、
このお店は本当にお勧めなので、ぜひ足を運んでみて下さい!

この素晴らしいお店に連れて行って下さった、まつり先生と、
素晴らしいお料理を用意して下さったお店の方々に感謝です。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

創作フレンチNouvelle Pousse(ヌーベル プース)

北海道札幌市中央区北一条西15-1-3 大通ハイム 1F
tel:011-887-7891

地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩6分 知事公館向かい
※小さいお店なので、予約は必須です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

_190251.jpg

翌日の帰り際は、新千歳空港でお土産を買いあさり、
ゆなちゃんおススメのラーメン店へ!

いろいろお店があったのですが
昼ごはんで満腹だったので、小サイズがあるこのお店へ。
お店にたくさんサインがあったし、有名店なんですって。

_183541.jpg

北海道と言えば、味噌ラーメン!
ということで、コーンバター味噌ラーメンを(^p^)
あーお腹いっぱいなのに旨しうまし!

qcDwd.jpg

まつり先生のお宅のお猫様をもふもふしながら、
夜中の萌え語りも楽しくって、幸せでしたv

萌えどころが全員違うのも面白かった(笑)
私は本当にロリコン好きだと再認識\(^o^)/

お忙しい中、丸二日かまってくださったお二人、本当にありがとうございましたv
今度は東京近郊に私がご案内しますおー!

しかしスカイマーク、安くていいね\(^o^)/


お土産編につづく

グルメ |


2012/06/10 (Sun) 北海道マンガ家女子会①

111033.jpg

先日、10数年ぶりの北海道へ行ってきました(*^▽^)/

佐々木柚奈先生と、LaLaで「ヴァンパイア騎士」を連載されている、樋野まつり先生のお宅へお邪魔しました。

一年くらい前から、北海道食い倒れ紀行(?)を計画していたのですが、
まつり先生が車を運転して下さり、
数々の美味すぎるお店に連れて行ってくださいました。(* ̄∇ ̄*)

お昼すぎくらいに先生のお宅に着けばいいかな~と午前中着の飛行機を取ったら、
なんと空港まで迎えに来てくださり、お2人に「朝からやる気すぎ!」と笑われていたらしい(^ω^;)
空港遠いのに、朝からほんと申し訳なかったです;

まあ、超やるき満々でしたけどね!\(^o^)/

レポは(^p^) が多くなっておりますのでウザさにご注意ください。



まずは乳製品が美味すぎる牧場2ヶ所へ。

マスカルポーネチーズのソフトクリームがおススメとのことで、
撮ったのに保存されてなかった…
濃厚で本当に美味しかった(^p^)

旅先でご当地ソフトクリームを見つけると、吸い込まれる私は、
数々のソフトを食べてきていますが、相当ミルキーで美味しかったです(^p^)

ホットミルクも、濃厚だった…


向こうに写ってるのは、タカ&トシがセットに使ったレプリカみたいです。

_114153.jpg

もうひとつの牧場でモッツァレッラ三昧(^p^)

このカプレーゼは、モッツァレッラが10切れくらい入ってて580円くらいでしたよ…!
なんたる!
なんたる北海道価格!!
ほんと、ここのモッツァレッラ美味しかったです(^p^)

_114818.jpg

モッツァレッラのピッツァといえば、マルゲリータですよね!
もうね、言うことないよねっていう(^p^)

114207.jpg

おススメのコーンスープも美味しかったよおおお(^p^)
粒がどっさり!
コーンスープ、だいすき!

あーいつか朝取りのとうきび食べたい!すんごい甘いんだって…(* ̄∇ ̄*)

_102831.jpg

翌朝、まつり先生のお宅で戴いた、
タカトシ牧場のミルク(^p^)

ちょっと!
乳成分の塊がういてますよ!!
もちろん、指ですくって食べますよ!!!

ヨーグルトとチーズの間みたいな、濃厚な乳…(^p^)
すんごい胃がミルキー(*´◡`*)

_130401.jpg

回転寿司に連れて行って頂きました。

北海道といえば、ウニが本当に楽しみでした。
私はウニが苦手なのですが、北海道のウニだけは大好物なのです。

長年苦手だったのに、10数年前、蝦夷(えぞ)馬糞ウニの殻ウニを初めて食べたときの衝撃ったらもうね…!

「ああ…君を知った気になって、おいらなんも解ってなかった!誤解していてごめんよ…!」
っていう。
大嫌いだったものが大好きになる瞬間って、衝撃だわほんと…


関東その他で見る、板に乗ってるウニは、崩れないようミョウバン漬けにされてて、
鮮度が悪いので、臭みがあって苦手なんだと思います。

ウニ苦手な方は、ぜひ北海道の蝦夷(えぞ)馬糞ウニを食べてみてください。
殻ウニが無ければ、塩水漬けでも充分美味しいです(^p^)

夏季限定の、蝦夷(えぞ)馬糞ウニがイチオシですが、
夏以外でもムラサキウニがあり、これも充分美味しいので、ぜひ。



ちなみに、画像のウニは塩水漬けだったのですが、
私はもう念願のうまいウニにありつけて至福だったのですが、

お2人は「まあまあ」と言っていました(笑)
(やはり殻ウニが一番みたい)

道産子は舌が肥えてらしゃる…!

_132930.jpg

ちょっとーこれ、ほじってもほじってもシャリが見えてこなかったよ…!
カニミソも美味しかった~(^p^)

131036.jpg

山盛りいくらを注文すると、
店員さんが数人で、よさこいの音頭(?)で踊りながら、いくらを盛ってくれるというパフォーマンスがありました。
素敵~!

この日のいくらは、お2人は美味しいと言っていました。

まあ、道民の方が美味しいというものは
関東の私なんかはもう、何も言うことありませんよね(*´Д`)

新鮮さに感動しながら、無言で2皿堪能しましたが、
私が半分も食べ終えてない間に、お2人完食!


えっ、もしや飲み込んでる…?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)


もうね、関東の人間からしたら、美味しいいくら様なんてありがたくて一粒一粒口の中でつぶして堪能するわけですよ。
高いしね(^ω^;)


それをこのお2人は、つるりと飲み込ん…!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)


「こ…これだから道産子は…!」
と叫びましたよ。心の中で。



いくらも、私は北海道で食べるまでは苦手でした。
それが、10数年前初めて食べたら(以下略)

関東その他のいくらは生臭いのが多いし、
ちゃんとしたお寿司屋さんでもニセモノが出回ってるので、
苦手な方はぜひ、北海道のしょうゆ漬けいくらを食べてみてください!(^p^)

つづく

グルメ |


2010/11/14 (Sun) 龍吟 ②

↓の続き

101030_220121.jpg

101030_230842.jpg

松茸ご飯と岩手県産黒毛和牛の炭火焼
芝海老出汁の赤出汁と共に

海老だしが美味しい…!

101030_230910.jpg

このお新香、7種類のお新香をしっとりした海苔で巻いてあります。
一緒にしちゃって大丈夫?と思いましたが、美味かった…!(^p^)

101030_234231.jpg

ここまでがデザート前のコース料理なのですが、
まだ食べられれば、お蕎麦2種、炊き込みご飯2種を、好きなだけ頂けるとのこと。

量が多いし、他のテーブルは案の定ギブしてるようですが、
私が全種類食べないわけがない\(^o^)/


まずは冷たいお蕎麦。柚子が麺と絡んでる柚子蕎麦です。

101030_234942.jpg

そして温かいお蕎麦。

101030_234958.jpg

101030_233046.jpg

そして炊き込みご飯1皿目。
お赤飯に甘鯛が乗ってるのですが、鯛がふっくらしてて秀逸(^p^)
そして、赤飯の豆ってだいたい固いものが多いですが、
これはふっくら柔らかくて大きかったです。

101030_233612.jpg

ここで、お店にほうじ茶が無くなってしまったからと、
ワインボトルに入ってる高級そうなお茶をサービスして頂きました。
↑書き方が素人っぽい(笑)

銘柄は覚えてないのですが、渋くないのに深い味わいのお茶。
ウーロン茶とほうじ茶を足して2で割ったようなもの、とのこと。
普段は一杯900円だとか。

101030_233555.jpg

じゃこのご飯は秀逸だった…(^p^)
確か、このじゃこは、ある時期はお客さんにお土産に渡してたような…
山椒が利いてて、山椒を噛むと唇がしびれるので、お茶を飲むと味が変わって苦いですが、
これぞ山椒の醍醐味(^p^)

これ、あまりに美味しくて一合は食べられそうな勢いでしたが、さすがに自粛(笑)

101031_000547.jpg

担当の給士さんと話しこんでしまい、うっかりデザートを撮りそびれたのですが、

キンモクセイ香る蜜柑のシャーベット 
幸水梨を合わせて 柚子松風を添えて

もさっぱり頂きました(^p^)

101031_001244.jpg

最後のデザート

熱々仕立ての龍吟パフェ
第十作 黒無花果(いちぢく)と蘇


そして最後は、なんと山本シェフ自ら立ててくださった薄茶を頂きました。

私達が一番最後のお客だったからだと思いますが、
一日で最後の仕事、お客さんの締めをかざるお茶を、
どんな気持ちで立ててらしたんだろう…と思うと、
実はお茶苦手なのですが(^O^;)ひと口ひと口を味わって頂かなくては…!
と堪能させていただきました。


最後は、山本シェフがお見送りに出てきてくださり、少しお話したのですが、
ご自身が厨房に立てないときは店は開けられないと仰っていて、
流石!こうでなくては…!と感動しました。


とても美味しかったし、給士さんの貪欲さも素晴らしかった。
またスペシャルな日に行きたいお店でした。
ごちそう様でした!(^p^)

龍吟 公式サイト

グルメ |


2010/11/13 (Sat) 龍吟 ①

コメント拍手、どうもありがとうございます~v(*^▽^)/

更新しないのも何なので、下書き記事アップ。
先日、六本木の「龍吟」という日本料理店に行ってきました。
NHKの「ふたり」という番組を観てから、どうしても行きたかった店。

「龍吟」は世界のベストレストラン50に日本料理として初めて選ばれた店で(今年は48位)、
3年連続ミシュランの二つ星を獲得してる、山本シェフの店。
新しい日本料理を生む奇才といわれる天才肌。

3年連続三つ星を獲得した「小十」の奥田シェフと同じ料亭で修行した兄弟弟子で、
究極のライバル。
こちらの奥田シェフは、基本に忠実な伝統派。

奇才の天才肌と伝統派という、真逆の2人のドキュメンタリーはドラマみたいで面白かったです。
印象的だったのは、兄弟子は二ツ星なのに対し、自分は3年連続三ツ星を獲得してるのに、
天才肌の山本シェフが妬ましくて

「神様は僕に、あの才能を与えてはくれなかった。」

と涙を流していた奥田シェフ。
例え自分の方が評価が高くても、自分の持ち得ない才能は羨ましくて仕方ないというのがビシビシ伝わってきました。

あいつさえいなければこんなに悩まなかった。
でもお互いがいなけれは、ここまで成長しなかったというお2人。
成長のために神様に引き合わせられた、と肩を並べるお2人が素敵でした。

101030_202617.jpg

この書は、山本シェフご自身が書かれたものから作ったそうです。

101030_202834.jpg

お皿、おしぼり、店内の何もかもが龍でした。

101030_235927.jpg

101030_203902.jpg

梅酒は、奈良の「とろとろ」
濃厚で美味しかったv
コースターも龍ちゃんv

101030_204351.jpg

先付け。ウニが美味しかったなぁ

以下、メニュー表から書き写し。

101030_205354.jpg

北海道産 極上あん肝と
様々な秋野菜のヌタ和え


いいお店というのは、その店に行ったらこれ!という代表作があると思うのですが、
龍吟さんはこれみたいです。

あんきもの濃厚さとヌタが…素晴らしすぎる。
私は、しょっぱなから(^p^) (^p^) (^p^) ←こんな顔してました…

101030_210652.jpg

さっくりあげた海老芋の一口フライと
柔らかな煮鮑の熱々あんかけ仕立て

鮑(あわび)の肉厚さがすばらしかった…!

101030_212102.jpg

引き立て一番出汁への想い
炭火で炙った甘鯛と揚玉子豆腐の椀
香り野菜をそっと被せて

101030_213417.jpg

お造り
徳島県産鳴門鯛と
藁で燻(いぶ)した戻り鰹の土佐造り
洗い海苔を添えて


燻した、燻製の香りが…v
燻製の香りがシェフ的にブームなのか、燻製の香りモノが続きました。
私もいぶした香り大好き!

それにしても、創作の造りって微妙なのが多くて、そのままでいいのにって思うものが多いけど
この創作造りは、全てが美味しかった(^p^)
食べながらうなってしまった…

101030_214807.jpg

秋の彩りを一皿に…
秋刀魚、無花果(いちじく)、栗、銀杏を龍吟スタイルで

普段は食べないサンマの肝ですが、
肝がソースのようにアクセントになってて美味しかった!

101030_220523.jpg

焼き松茸の入った贅沢な白子茶碗蒸し
柚子の香りと共に

茶碗蒸しが大好きなのですが、この材料で美味しくないわけがない(^p^)

101030_223544.jpg

シェフ山本 スペシャリテ
全国各地より送られてくる天然大鰻の炭火焼
ジンジャーオレンジを添えて

ドキュメンタリーを観て、山本シェフの鰻に興味津々だったのですが、
残念ながら私は鰻が苦手(^ω^;)
なので、家族のを一口だけ頂きました。

今日は琵琶湖の天然鰻だそうです。
鰻好きじゃなくて、堪能できなくて残念;

101030_223436.jpg

代わりに、牛ほほ肉の煮込みと白味噌のテールスープのお皿を頂きました。

煮込みなので、アラカルトなどで別に作ってあるものかと思いきや、
今日、この一皿だけの為に、「こんなのどうかな?」と
山本シェフが考案されたものだそうです(!)

ビックリした…
こんな作るのが面倒くさい大変そうな一皿のために…

これ、アラカルトやコースのレギュラーメニューとして出して欲しいくらい美味しかった…!
牛テールと白味噌なんて、美味しくないわけが無い(笑)


書き切れないので②に続きます(^p^)

グルメ |


2010/08/18 (Wed) 食べくらべ&私信

100813_121545.jpg

↓の記事でお仲間がいらっしゃいましたー♪


関東版と関西版を、一緒に食べて食べ比べてみました。
どっちも同じくらい好きだと思ってましたが、
関西版のほうが好きかも(^p^)

箱買いした「関西版赤いきつね」もなくなりそうなので、
今度は「関西版どん兵衛」を買ってみようかな(^p^)


★友人、知人の方へ★

あさってから3日間(日曜の昼頃まで)、携帯が繋がりません。
パソアドも見られなく、連絡手段がありませんので、
よろしくお願いします。。<(_ _)>

グルメ |


2010/07/20 (Tue) 関西版

100719_155737.jpg

この間、生まれては初めて「赤いきつね」と「どん兵衛」を食べました。
おつゆとあげは赤いきつねの方が好きで、
麺はどん兵衛の方が好きでした。

でも、一回しか食べてないからまだわからないし、
また食べ比べしてみよう!

で、関西版が美味しいと聞いたので楽天で箱買いしてみました(^p^)
味ちがーう!
私は、関東版と関西版どっちも好きかな(^p^)


あ、アリエッティ観に行きました。
ジブリらしい作品だな~と思いました。
もっと「狩りぐらし」のテーマを深く掘り下げると思ってたので拍子抜けでしたが、
アリエッティかわいかったv(* ̄∇ ̄*)

グルメ |


2010/05/23 (Sun) アンドナンド(^p^)

100330_214400.jpg

ダイエットされてる方いらっしゃいますね~。
やっぱりこの時期はみんな気にしますよね(^ω^)

ダイエット気をつけようと言ってるそばからこんな画像ですが(笑)
いえいえ、大分前の画像ですよ!(笑)

編集部の近くに、ミスドの高級バージョン、andonandoがあるのですが、
一度は買ってみようと原稿を届けに行った帰りに買ったもの。

ほとんどが200円台で少し高いけど、凝ってて美味しかったです(^p^)
お気に入りは、ブルーベリークリームチーズと、メープルグレイズド、カシスオランジュ、黒豆黒糖きなこでした(^p^)

100501_222803.jpg

…でも、ドーナツ2個でケーキが買えるなら、ケーキのほうがいいな(^p^)

グルメ |


<< back | TOP | next >>

龍苑【ryu-en】へようこそ!

ここは少女漫画家、悠妃りゅうの公式ホームページです。
http://yuuhiryu.com/

 

モバフラ(携帯、スマホ、タブレット、pc共通)
コミック小学館ブックス 542_悠妃りゅう先生_総合TOP

  

 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログQRコード

QR

RSS

FC2カウンター

FC2ブログランキング